XserverでWordPressを自動インストールする方法

この機能を知ったときに「今まで時間を無駄にしてたー」って落ち込んでしまいましたが、みなさんはこの記事読んでさっと終わらせて時間をもっと有意義なことに使いましょー!

このブログを作るときもそうだったんですが、WordPressをインストールする際に

  1. WordPressをダウンロードし、アップロードする
  2. データベースを作り、ユーザーに権限を与える
  3. WordPressにデータベース名・パスワードを入力する

といったことをしていましたが(本当はもっと細かくてめんどくさいです)、Xserverさんを調べていたら「自動インストール」っていう便利機能があるみたいなので実際に試してみました。

Xserverでサーバーをレンタルする方法

この記事を併せて読んでもらえば、サーバーを借りてWordPressをインストールをするなんてのは初心者の人でもカンタン、私みたいなポンコツでもできました!

では、自動インストールの手順を追ってみてみましょう。

自動インストール機能を使う

Xserverのサーバーパネルにログインする

自動インストールは、Xserverさんのサーバーパネルから行いますのでログインしてから記事を読んでいただくとよりわかりやすいかと思います。

Xserverサーバーパネル

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

自動インストールをクリック

ホームページという項目に、「自動インストール」があるのでクリックしてください。

WordPressをインストールするドメインを選択

複数ドメインがある場合は、ちゃんとインストールしたいドメインを選択してください。

自動インストールするプログラムを選ぶ

ドメインを選んだ後に「自動インストール」するプログラムを選択します。

「プログラムのインストール」というタブをクリックし、WordPress 日本語版の「インストール設定」をクリックします。

上の画像では出ていませんが、他にも「EC-CUBE、XOOPS Cube、PukiWiki」というものがあるみたいですが、今回はWordPressのインストールなのでスルーします。

インストール設定を行う

入力項目はたったの5つです。画像の赤枠部分をそれぞれ入力して、最後に「インストール(確認)」をクリックしてください。

解説
インストールURL WordPressをインストールしたいディレクトリを入力します。(ドメイン全体でブログにしたい場合は、空白で大丈夫です)
ブログ名 ブログの名前を入力します。
ユーザ名 WordPressのログインに使うユーザー名を入力します。
パスワード WordPressのログインに使うパスワードを入力します。
メールアドレス ログインするユーザーのメールアドレスを入力します。

自分で入力しているので忘れることはないと思いますが、確認画面で「ユーザ名・パスワード」を念のためメモしたら「インストール(確定)」をクリックしてください。

なんとこれでインストール完了です!

もっとやることないのー?って思った人は必ず「ID・PASSWORD」をメモして、実際にログインしてみてくださいね。