WordPressで現在のカテゴリーのいろいろな情報を取得する方法

WordPressでサイトを構築している時に、現在記事のカテゴリーの取得方法を覚えられないので毎回毎回調べているのですが面倒になってきたので自分用にまとめておこうと思います。

WordPressで現在のカテゴリーの情報を取得する

カテゴリーの配列を取得する

まずは記事が持っているカテゴリーの配列を取得します。

上記を実行するとこのような配列を取得することができます。

取得した配列を表示したい場合は、このように「var_dump()」を使ってください。

カテゴリーの名前を取得して表示する

それでは本命の記事のカテゴリー情報を取得して表示します。

表示するには下記のコードを使います。

これで表示されるのは配列からこちらが表示されます。

ポイント

カテゴリーを取得する際には配列から取得したいものを選択する必要があります。

ハイライトしているところで配列の1つ目のカテゴリーを選んでいます。

今回はカテゴリーが1つだったので「$category_array[0]」で1つ目のカテゴリーを選択しておけば問題ありませんが、複数あった時には選択する必要があります。

配列的にはこんな感じの場合で…2行目と39行目を見てもらうとわかるのですが取得したい番号を入れてくださいね。

カテゴリーの他の情報を取得する

カテゴリーの名前は先ほどの方法で取得することができますが、他の情報をどう取得するかというと…こんな感じになります。

番号を①~⑥まで振っていますが、同じ番号のものは同じ情報が取得できます。(なんで同じ情報が入っているのかはよくわからないです…)

カテゴリーのコードを貼って、不要なものだけを消してしまえば調べる手間を省くことができますね♪

 

と、こんな感じでまとめましたが最後のコードだけあれば、記事のカテゴリーの情報がカンタンに取得できてしまうのでEvernoteに入れておけばすぐ使うことができるのでぜひごひいきに(笑)