カンタンにそれっぽく写真をデザインをする方法

デザインって難しいですよね…でもデザインができなくても写真をカンタンに加工してそれっぽく文字を置くだけでそれなりに見ることが出来るようになるんです。今はスマホアプリでなんでも出来ちゃいますが、その時にも使えるテクニックをご紹介します。

カンタンデザインテクニック – Easy design technique

Google翻訳で見出しに英語をつけてみましたが、こんな感じでいいんです(笑)

四角の中に文字を配置する

こういうのよく見かけませんか?写真の中央に正方形を置いて、少し透過させ文字をセンターに置いただけですが…

チンアナゴの写真集をイメージしてみたのですが、ここに書いてある文字列はすべて「チンアナゴ」です(笑)「カタカナのチンアナゴ」と「漢字のチンアナゴ」と「学名のチンアナゴ」です。

 

 

他にも四角の中に文字を配置するシリーズでは端に寄せるなんてのもよく見かけますね。写真が良ければなんでもよく見えるじゃん!ってのは置いておいてください…あと英語!

 

 

 文字だけを写真に配置する

あんまり、というより良くない写真でもそれっぽくすることも可能です。PVとかでよくある文字だけを写真に配置する方法です。

何年か前に撮った補修中のとうきょうタワーです。しかも天気は曇り…なんにもいいところがないですね。

 

 

こんな暗い写真でも文字を白くしちゃえば置くことが可能です。なにがなんだかな文字でも全然OKです!

 

 

飾りをつける

写真に飾りをつけるということもおしゃれに見せる方法の手段です。これも写真が良ければなんとでもいきそうですが…

 

 

文字間・行間の広い文字を配置する

写真に対して文字間と行間を広くしたものを置くだけでこんな見た目になります。ただの写真でも小説の表紙のようになります。

 

 

ちょっと疲れちゃいましたね…今日はこのあたりで。