Mac OSで普段は非表示になっているファイルを表示する方法

Mac OSで普段は非表示なっているファイルを表示して、設定を行わなければいけない場合がたまーにあります。

具体的に挙げてよ、って言われてもすぐには思い浮かばないですが…確かにあるんです! 私、やったことありますし!

そんな時にこの記事を読んだことを思い出していただければ、と今回は紹介させていただきます。

Mac OSで非表示になっているファイルを表示させる方法

まずは「ターミナル」というアプリを起動します。

「ターミナル」を起動する

ターミナルは「ユーティリティ」というところに入っているので、デスクトップが表示されている状態で「Command + Shift + U」を押します。

すると「ユーティリティ」が開くので、その中にある「ターミナル」をダブルクリックして開きます。

コマンドを実行して、非表示ファイルを表示する

ターミナルが起動したら、コマンドを入力します。入力するとミスをする可能性もあるので下記をコピーしてください。

コピーしたら、ターミナルに貼り付けてこんな感じになったところで「Enter」を押します。

するとコマンドが実行されて、最初に表示されていた行と同じものが表示されるので

下記をコピーしてください。

コピーし終えたら、先ほどのところに貼り付けて以下のようになったら「Enter」を押します。

画面がちょっとチラついて、「.(ドット)」から始まるファイル名のものが表示されれば成功です!

とてもカンタンですね。ただ、Windowsのようにチェックマークを入れるだけで表示してくれる機能があってもいいはずなんですけどね…(笑)

これで非表示ファイルの表示は終わりですが、このままだと普段は表示されなくていいものが表示され続けてしまいます。

そこで「非表示ファイルを非表示に戻す方法」を行います。

コマンドを実行して、非表示ファイルを非表示に戻す

ターミナルを起動するところまでは同じなので、やり方は割愛しますね。

ターミナルが起動したら、下記よりコマンドをコピーして貼り付けます。

こんな表示になったら「Enter」を押します。

すると、また最初に表示されていたものと同じ行が表示されるので、下記よりコマンドをコピーして貼り付けます。

こんな感じの表示になったら「Enter」を押します。

これで、「.(ドット)」から始まるファイル名のものが非表示になって元通りです。

 

これで、普段は非表示になっているファイルを表示する方法と非表示に戻す方法の紹介はおしまいです。思ったよりも簡単だったと思うので、使う機会があったらこの記事を参考に試してみてくださいね!