Windowsの言語バーが消えてしまった時の対策

Windows10のアップデートの際に言語バー(「A」とか「あ」ってアイコンのやつです)が表示されなくなってしまうことがあったので、消えてしまった時の対策を簡単にまとめておきます。

方法は2つあり、どちらか片方は成功すると思いますのでもし表示されなかったらもう片方をお試しください。

方法①

1つ目の方法は、コントロールパネルから言語の設定を変更するというものです。

コントロールパネルを表示する

Windows10からコントロールパネルを表示することが大変わかりづらくなってしまいましたね…

まずは、「Windowsマーク」を右クリックしてください。


「コントロールパネル」の項目をクリックします。


これで「コントロールパネル」が表示されます。


もし、上の画像のような表示になっていなかったら右上の「表示方法」の箇所をクリックして


「カテゴリ」を選択してください。

表示方法は「カテゴリ」でなくても設定できるのですが、単純に説明が簡単になるからです…

これでこのような表示になったと思います。

言語の設定を変更する

続いて、言語の設定を変更します。

大項目「時計、言語、および地域」の「言語の追加」をクリックします。


「言語の設定の変更」が表示されるので、左側の「詳細設定」をクリックしてください。


「入力方式の切り替え」のところに「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」があるので、チェックを入れて右側のオプションをクリックします。


「テキストサービスと入力言語」が開くので「タスクバーに固定する(またはデスクトップ上でフロート表示するでもOKです)」を選択し、「言語バーアイコンをタスクバーで表示する」のチェックを外して「OK」をクリックします。


開いたウィンドウが閉じるので、「保存」をクリックしてください。


これで言語バーが見事復活します!


残念ながらこの方法で復活しなかった方は、次の方法②を試してください。

 方法②

この方法②は言語バーを実行するプログラムをスタートアップ(パソコンの起動時に実行させること)で無理やり(?)起動させる方法です。今のところこれでなにか悪いことが起きたことはありません。

スタートアップフォルダを表示する

まずは、こちらの記事の方法で「スタートアップフォルダ」を開いてください。

Windows10のスタートアップの場所

このフォルダに「あるプログラム」のショートカットを入れます。

「ctfmon.exe」をスタートアップに入れる

スタートアップに入れるプログラムは「ctfmon.exe」というもので、このプログラムが言語バーを表示させているらしいです。

なので、このプログラムをパソコンの起動時に実行させて言語バーを表示させようというのが狙いです。デスクトップなどにショートカットをつくって毎回ダブルクリックで実行してもいいですがめんどくさいので…(笑)

「ctfmon.exe」を探す

パソコンの画面の左下の検索ボックスに


下記から文字をコピーして、貼り付けます。

ctfmon.exe

「ctfmon.exe」が表示されるので、


「 右クリック」すると「ファイルの場所を開く」が表示されるのでクリックします。

「ctfmon.exe」が入っているフォルダが開きます。


続いて、この「ctfmon.exe」を右クリックしながらスタートアップフォルダへドラッグします。マウスから指を離すと「ショートカットをここに作成」が現れるので、クリックしてください。

前回パソコンの画面をGIFにする方法を知ったので、ここぞとばかりに使っていきます(笑)わかりやすいといいんですが…

パソコンの画面をアニメーションGIFで保存する方法


これで次回のパソコンの起動時に言語バーが復活します! いますぐ復活させたい人は作ったショートカットをダブルクリックで実行してください。

今のところ、私はこの紹介させていただいたどちらかの方法で言語バーが復活しているので、困っていたらぜひお試しください!