お名前.comからXserverへドメインを移管する方法

このブログのドメインを取得する際に「安い」からって理由でお名前.comさんでドメインを取得して使っていましたが、とある問題でXserverさんへの乗り換えを決意しました。

ちなみにどれくらい安かったかと言うと、下の表の差があり、安さに目がくらんでしまったんですよね。

汎用JPドメイン(税抜) comドメイン(税抜)
Xserver 取得 5,000円(更新 5,000円)  取得 1,500円(更新 1,500円)
お名前.com 取得 2,840円(更新 2,840円) 取得 499円(更新 1,280円)
 差額 取得 2,160円(更新 2,160円) 取得 1,001円(更新 220円)

※この記事公開時の料金です。

値段の安さに目がくらんでしまい、よく調べずに選んだ結果ちょっとした問題が気になってドメインの管理会社さんを変更することにしました。

その問題というのが、

  1. お名前.comさんとXserverさんのサービスを行き来するのがめんどくさい
  2. このドメインの「汎用JP」のWhois情報で個人情報が丸見えになってしまう

ということでした。

1つ目の問題はドメインの管理画面に関してはあまりいじらないのでいいのですが、使ってるうちに管理は1つの画面で出来た方が便利だろうと思い始めました。

致命的なのが2つ目の「個人情報が丸見えになる」っていうのはかなり致命的な問題です! ホント困りました!

Xserverでドメイン移管の準備をする

私のブログのWhois情報なんて見る人はいないと思いますが自分の名前が表示されているのはもやもやするので移管を決意しました。

まずは、インフォパネルへログインしてください

追加のお申し込みを行う

Xserverさんのインフォパネルへログインしたら、左メニューの「契約関連」の「追加のお申し込み」をクリックしてください。

利用規約及び個人情報の取り扱いに同意する

「利用規約及び個人情報の取り扱い」に同意しないとドメインの移管ができないので、よく読んで「同意」をクリックしてください。

新しく追加するサービスを選択する

今回は「ドメインの移管」なのでドメインの項目の「移管(指定事業者の変更)」をクリックします。

Xserverに移管したいドメインを入力する

お名前.comさんから移管したいドメインを入力します。

ここで注意書きがある通り、

※http://www.などは付けずに独自ドメイン名のみをご入力下さい。

とあるので、私のドメインの場合を例にすると

このようになります。入力をし終えたら、「検索」をクリックしてください。

ちなみに、書いてありませんが予想外の注意があります。トップレベルドメイン(入力する箇所でなく、プルダウンから選択する部分です)はここにある項目だけしか移管が許可されていないみたいですのでご注意ください。

com net org biz info
jp ne.jp co.jp gr.jp or.jp
cc in mobi

この表と都道府県JPにあるものだけしか移管ができないっていうのをこの画面まで来て、初めて知りました。(Xserverさんへ電話して確認しました!)

ドメイン移管申請の申し込みを行う

画面が変わり、「この独自ドメインは申し込むことが可能です!!」で表示されたら下の「○○で申し込む」をクリックしてください。

また、「ご希望のドメインは移管申込みができません。」と出た場合、下の画像のいずれかが考えられますので確認してください。

申し込みを行うと、下の画像のように画面が変わるので「移管申請を行う(確認)」をクリックしてください。

「移管申請を行う(確定)」をクリックし、

これで移管申請の申し込みが完了したので、「料金のお支払い」をクリックします。(移管申請を出すには、たとえ自分のドメインであってもXserver上で支払いを1度行わなければいけません)

支払いを行うドメインにチェックを入れ、「更新期間」の確認をし、「お支払い方法を選択する」をクリックしてください。

支払い方法についてですが、

  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • コンビニ
  • ペイジー

の4つがあるので、お好きなものを選んで支払ってください。(説明は割愛します)

支払いが終わって、やっと移管の申請が行えるようになるのですがこのまま申請しても失敗する可能性が高いので(私は何度か失敗しました…)先に、お名前.comでの設定の確認をします。

お名前.comの設定を確認する

ちなみにお名前.comさんで移管のことは「トランスファー」というみたいです。だから、移管申請は「トランスファー申請」となります。ただ、ここではややこしくなるので「移管申請」と言っていきます。

移管が失敗する原因について

お名前.comさんで移管が失敗する(トランスファー申請不承認というメールが届きます)際の原因はいくつかあります。

全ドメイン共通の問題

  • 登録者情報のメールアドレスが無効になっている
  • Whois情報公開代行サービスを設定中
  • ドメインの登録・更新など、料金に未清算がある

とのことですが、厄介なのが太字にした「Whois情報公開代行サービスを設定中」です。

この記事の最初の方で書きましたが、Whois情報はドメインの管理者の個人情報が書かれているもので「Whois情報公開代行」はドメイン管理会社さんで代わりに情報を入れておいてくれるサービスです。

わかりづらいですが、図にするとこんな感じです。

どこのドメイン管理会社さんでも無料で行ってくれるサービスですが、お名前.comさんでは汎用JPでは個人情報が丸見えでとても困ったとは最初の方でお話ししました。(comとかorgではちゃんと隠れていますよ)

これが基本的に設定されているので、そのままだと移管に失敗してしまいます。

汎用JP・属性型JPドメインの問題

  • トランスファー・ロックを設定中

移管のロックみたいなものでしょうか、基本的にはかかってないと思っていいですが確認をしておくと間違いないと思います。

汎用JP・属性型JP・都道府県型.jpドメインの問題

  • 登録期限日が間近(登録期限日まで残り7日以内)
  • 件名(【重要】トランスファー申請に関する確認のご連絡)のメールより、承認手続きを行っていない

ここでやっかいなのは、「トランスファー申請に関する確認のご連絡」のメールです。よく聞く話がこのメールが届く相手が移管の連絡を受けていずにそのまま放置し、期日(各種JPドメインが7日、JPドメイン以外が4日)が過ぎて不承認になることです。メールが届く相手がはっきりしていれば、ちゃんと伝えておいてくださいね。

失敗しないように設定する

やっとここで移管時の設定を行います。私が1番失敗が多かったのが「Whois情報公開代行」なので、その設定の方法を解説します。

Whois情報公開代行の設定を解除する

お名前.comさんのドメインNaviにログインしてください。

ログインし、「ドメイン設定」をクリックしてください。

「登録情報の設定」項目の「Whois情報公開代行」をクリックしてください。

「Whois情報公開代行設定」で「Whois情報公開代行」を解除したいドメインにチェックを入れて、「解除する」が表示された状態で、

画面下に表示されている「確認画面へ進む」をクリックしてください。

設定内容でWhois情報が「解除する」になっていることを確認し、「上記に同意し、申込みます。」にチェックを入れ、「設定する」をクリックしてください。

「Whois情報公開代行」の解除設定が行われます。

ローディング画像(やけに大きい)が表示されて、数分待って処理が完了します。またメールでも処理完了の通知も知れます。

これで「Whois情報公開代行」が解除されるので個人情報が丸見えになった状態になるのでご注意ください、はやめにXserverで移管申請をお出しすることをオススメします。

Xserverで移管の申請を出す

この記事順に作業をしていれば個人情報が丸見えなので、さっそく移管申請を出しましょう!

インフォパネルから移管申請を出す

まずは、Xserverさんのインフォパネルにログインしてください。

ログイン後のTOPページにある「ドメイン」の項目の移管したいドメインの「移管申請」をクリックしてください。

料金の支払いが完了していれば、下の画像のような画面が表示されますので「移管申請を行う(確認)」をクリックしてください。

最後が確定画面です。問題なければ、「移管申請を行う(確定)」をクリックして申請完了です。

この作業はカンタンでしたね。

メールで来る移管申請のお知らせで承認する

移管申請をXserverさんからお名前.comさんへ出した後、私の場合はすぐにお名前.comさんからすぐにメールが届きました。

タイトル:■重要■トランスファー申請に関する確認のご連絡

ドメイン名:hazimaru.jp

お名前.com  by GMOは、上記ドメインについて に他社レジストラへの、トランスファー申請を承りました。
トランスファー手続きにつきまして、期日までにお客様のご意思を確認の上、承認・拒否どちらかのお手続きをお願いいたします。

【対応期日】
各種JPドメイン:本メール送信日時から168時間(7日)後まで
JPドメイン以外:本メール送信日時から96時間(4日)後まで

【お手続き方法】
1.下記URLへアクセスしてください。
「★★★★この部分に移管承認用URL★★★★」
2.ドメイン名をご確認の上、トランスファーを承認する場合は「承認する」、拒否する場合は「拒否する」をクリックしてください。
3.確認画面が表示されますので内容を確認し、間違いなければ「完了」をクリックしてください。

期日までにご対応が確認できない場合は、各種JPドメインにつきましては、トランスファー申請を一旦拒否させていただきます。
それ以外のドメインについては、トランスファー申請は自動的に承認とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

あとは、「★★★★この部分に移管承認用URL★★★★」のところに入っているURLへアクセスして「承諾」を押すだけです。注意としては、当たり前ですが自分がしていない移管申請に承諾しないことです。乗っ取られてしまいますので(笑)

画面が遷移し、確認画面になりますので問題なければ「決定」をクリックしてください。

これで承認作業終了です。

この後、1日程度で完了しましたという連絡がXserverさんからメールが届いて作業終了です。

もし届かなかった場合は、何らかの理由で不承認となっていて期日後(各種JPドメインが7日、JPドメイン以外が4日)に下のようなメールがお名前.comさんから来ると思います。

ドメイン名:hazimaru.jp

上記ドメインのトランスファー申請につきまして、下記いずれかに該当するため申請を不承認といたしました。

  1. 該当URLより不承認処理が行われた
  2. Whois情報公開代行サービスの設定が行われている
  3. ドメインの契約終了日まで7日以内(JPドメインのみ)
  4. 期限内に承認処理が行われなかった(JPドメインのみ)

再度申請を行う場合は、上記事項に該当しないことを確認した上で申請を行ってください。

この中のどれかでダメだったよ、という程度しか教えてもらえないのであとは自分で調べるしかないですね。