TinyMCE Advancedのフォントサイズを変更する方法

WordPressのプラグイン「TinyMCE Advanced」で表示することが出来る「フォントサイズ」のサイズがデフォルトだと固定のポイントになっているのがちょっと嫌だったんですよね…なので、カンタンに自分で指定した単位に変更する方法をご紹介します。

TinyMCE AdvancedはWyswygエディターに使いたいオプションをカンタンに追加できてしまうステキプラグインなのですが、フォントサイズがこのように固定のポイントになってしまっています。

 

 

実際に適用させるとこんな感じに「span」で囲われます。

サイトのテーマがポイントじゃない時って、こんな書き方をされてしまうとなんか気持ち悪いじゃないですか? 統一も取れてないし、サイズ感がわかりづらい…なので変更してしまおうという魂胆なわけです!

たまーに「プラグインを直接修正するといいよ!」なんて言ってるブログもありますが、絶対してはいけませんよ! プラグインのアップデートのたびに修正するなんてハメになってしまいますので…(私は毎回直すんでいいですよーって方は別にいいですけど)

functions.phpにコレを追記するだけです

WordPressのテーマの中に「functions.php」というものがあると思うので、そのファイルを開いて下記のコードを貼り付けてください。

ピクセル指定にしたい時

これを貼るだけで、フォントサイズの箇所がこんな感じに変更されます。

 

 

パーセントにしたい時

これで、パーセント(%)表記に変更されます。

 

 

サイズ指定の仕組みについて

ここまでの2つのパターンを見ていただくと分かるのですが、サイズの指定が書かれていますよね?

この部分を好きなサイズの指定に変更するだけで、OKってわけなんです。カンタンですよねー。すごく無駄ですが、こんなことも出来てしまいます。

すべて同じサイズにしかならない…っていうカスタマイズです(笑)

ラベルの変更も可能です

ピクセルとかパーセントとかemじゃサイズを変更してみないことにはよくわからないよ…って方に朗報です!

ラベルを変更して、適用されるスタイルはCSSの指定ってことも可能です。

これを適用させると直感的にフォントサイズを変更することが可能です。

 

 

需要があるか分かりませんが、ある意味お遊び的な要素ですね。

3行目のところにちょっと変更を加えるんですが、指定した単位の前に付けたいラベルを入力して「=」で繋ぐだけです。

 

コピーしてfunctions.phpに貼るだけで、TinyMCE Advencedのフォントサイズの変更は出来てしまいますので、サイズの表記に不満があった方はぜひともお試しください!