細くておしゃれなハサミを購入しました

家にあったハサミをなにかの拍子に処分してしまいちょっと困っていました。おそらくなにかの袋に入れていたのをそのまま捨ててしまったのかもしれません…

いろいろ調べた結果、細くておしゃれなハサミを見つけてしまい思わず購入してしまいました(笑)

おしゃれなだけかと思いきや、意外と使いやすかったのでご紹介します!

 プラスはさみツイストリング

今回購入したのは、プラス株式会社の「プラスはさみツイストリング」です。

よくある文具を感じないおしゃれさ

ハサミ全体が黒くなっていて黒くない部分は、ハサミの刃と刃をとめている「支点」の箇所と紙などを切る「刃」の部分だけです。

この部分以外は、すべて黒くなっていて柄の部分にある製品型番ですら、かっこよく見えてきます。

かっこよさに隙がなく徹底していますね…

私はインスタグラムをやっていませんが写真が上手く撮れれば「インスタ映え」もするんじゃないでしょうか?

私が1番うまく撮れたなーって写真もあげておきますね(笑)

ハサミの寸法と重さ

長さは約16.5cmの幅は約6.2cmです。

重さを測ってみたら、約55gだったので卵1コの重さもないくらいですね。

ハサミの特徴

私は初見がすごくおしゃれな!っていう理由で買ってしまいましたが…実は意外といいところもあったというところをご紹介します。

ハサミがフッ素コートされている

このハサミはステンレス製なのですが、フッ素コートされていてセロハンテープやガムテープを切った時にベタつかないそうです。

試しにガムテープを切ってみましたが、確かに普通のハサミで切った時よりもくっつく感じがなかったです。

人間工学から生まれたツイストリング

なんのことを言ってるの…って感じですが、「持ち手」部分のことをいっているようです。

従来のはさみよりも使いやすい新設計のリングです。指の動き、力を入れる方向に合わせたリング構造により、自然に握れて指への負担が軽くなりました。

と、パッケージに書いてありました。

また、リング部分はゴムのようになって指が痛くなるってことも少ないです。しばらく使ってみましたが、持ち手がプラスチックのものより使い心地がよかったです。

ハサミの切れ味

ハサミにとって重要なのはもちろん「切れ味」ですよね。

このハサミは薄い紙であればなんの問題もなくきれいに切ることができました。

ただ、厚い紙やダンボールなどは切らない方がよさそうです。無理やり切ろうとすれば切れなくはなかったですが、ハサミが壊れてしまいそうでした…

このハサミは薄い紙などを切るのに使ってあげてくださいね。

 

ダンボールを切る用途には向いていませんが、おしゃれで薄い紙は難なく切れるハサミを探している方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

最後にもう一度インスタ映えしそうな写真を載せておきます(笑)

こういうのはインスタ映え、とは言わないんでしょうか…